バイアグラによる催奇性の不安

バイアグラは勃起不全症状を改善する効果を持つ薬として知られており、勃起不全症状を持つ男性にとっては非常に心強い味方となってくれる存在です。
しかしこうした医薬品を服用するという際には、その安全性について不安を持つことも少なくありません。
特にバイアグラは勃起不全症状を改善し、性行為が正常にできるようにする医薬品です。
そして性行為の後には妊娠、出産といったようなことにもつながるのですが、バイアグラを服用する人はこの「出産」という部分で非常に強い不安を覚えることとなります。
それが「バイアグラによる催奇性」です。
催奇性とは「奇形児が出産するリスクを高める」ということになるのですが、それではバイアグラに催奇性はあるのでしょうか。
まず結論から言うと、バイアグラに催奇性はありません。
確かに医薬品の中には催奇性を持つものもあるのですが、そうした催奇性を持つものの代表格となるのは抗がん剤や痛風発作予防薬などであり、そして服用の際には催奇性があることが必ず医師から忠告されるようになっています。
そのため、しっかりと医師の判断に基づいて服用をするというような場合には全くリスクはないと言ってよいでしょう。
ただしかし、ここで注意をしたいのが「偽造薬」のリスクです。
バイアグラは全世界的に高い人気を誇る医薬品となっており、その中には偽造薬による被害も報告されています。
偽造薬は本来求められている薬効を発揮させることができないほか、物によっては製造コストを引き下げるため、安全性に欠ける成分を配合していることがあるのです。
そうした偽造薬を服用してしまった場合それは名前を偽っただけの別の薬品となりますから、催奇性の有無に関する保証は無くなります。
バイアグラを服用する際には必ず、適切な病院の診察を受け、処方されたものだけを服用するようにしましょう。